まだGHQの洗脳に縛られている日本人(ケント・ギルバート)書評レビュー:本当の歴史とは?

 

今日紹介する本は「まだGHQの洗脳に縛られている日本人」:(ケント・ギルバート)。

この本はアマゾンでもとても高評価で、ある意味では「本当の歴史」を教えてくれる。

学校教育では絶対に知らないだろう歴史の真実を著者は嘘偽りなく書いています。

日本国民全員にぜひ読んでほしい、学校教育をこえた歴史の教科書。

日本人としてのプライドをもっと持っていいと感じました

 

日本国内の政治の動きがなんだか腑に落ちなかったり、世界情勢がどんどん移り変わっていく中で国内情勢さえまとまりがつかなくなってきているのに今後日本はどうやって世界各国を相手に自立した存在として歩んでいくのかと漠然と不安を抱いていました。

 

元々政治に対しては知識もないし、難しそうなイメージばかりで何をどこから学ぶべきなのかわからなかったのですが、なんとなく戦後のGHQの影響が現代日本にもなお、色濃く残っている感じはしていました。

 

そんなところにこの本を見つけて読んでみると、もう目からうろこというか、そういうことか!

と思うことも多々あって、戦後どれだけの年月が経ようとも日本にはGHQ占領下の影響で日本人として自信をもてないことが多々あるのだと理解できました。

 

内容としては、GHQが日本の憲法草案を作った際に、プレスコードとして日本のメディアに規制をかけたことがきっかけで、実際に起きていることや歴史的事実をもとに反論すれば解決への道が切り開ける従軍慰安婦問題や尖閣諸島問題などにも未だに終止符が打てないということなどが書かれていました。

 

戦後、日本はGHQによって戦争に対して罪悪感を埋め込まれたということには驚きでした。

 

War Guilt Information Program(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)という政策で日本人に第二次世界大戦に対しての罪の意識を植え付けたことで、日本人が過剰なまでに自虐的に先の戦争をとらえるようにしたこと、そしてそうした政策のもと、メディアを中心に左翼勢力を発展させ、単純に自分の国である日本を愛す「愛国心」を持つことが右翼(悪)だという印象操作を行ったことなどが説明されていました。

 

確かに現在愛国心を抱いている人などに対しては街宣車のイメージや、極右のような極端なイメージが定着しています。でもそれも印象操作によって作り上げられたイメージだそうです。

確かに、自分の国に自信を持ったり誇りを持つと、戦争に積極的だとか右翼だと誤解されるんじゃないかと思ってしまう節があるように思いますが、

それがGHQの狙いだったという考え方も取り入れることで、本当にそうなんだろうか?とこれまでの「常識」を疑うきっかけになります。

 

本書ではどちらかというと、GHQの洗脳によってアメリカに依存して自衛の力さえまともに持っていない日本にもっとしっかりしろ、という立場から左翼も逆に日本を弱体化させかねないという立場で書かれています。

 

特になるほどなーと思ったのは、アメリカはいざというときに日本を守ってくれないということについての説明です。

本書のたとえでは、同盟関係を結んでいたところで、自分で自分を守る力を持たない他力本願の国のために自国の人間の血を流させる国はありますか?というようなもの。

確かにそう考えたらアメリカがわざわざ遠く離れた日本を助けるとは思えませんでした。

だからこそ日本は最低限の力をつけておく必要があるとのことで、憲法改正は必要なのではないかという状況ですが、左翼はひたすら反対する。

平和を願っているだけでは平和は訪れないにもかかわらず、平和だけを主張し憲法改正をただ批判するだけでは最終的に見て国益にはならないという視点を得ることができたような気がします。

 

それから本書ではA級戦犯とされている人々や靖国問題に関しても言及しています。

日本の教育を受けてきていると、確かに東条英機などは日本を戦争に導いた、だとかそういう印象を抱きがちですが、本書では確かに東条英機はバリバリの軍人ではあったものの、昭和天皇にも忠実で、平和を望んでいた昭和天皇のために何とか戦争を回避できないかと奮闘したことも書かれていました。

 

それでも最終的にアメリカが日本を何としてでも戦争に引きずり込みたかったから色んな手を使って日本を追い詰め、最終的に東条英機の努力も虚しく戦争に踏み切ったそうです。

真珠湾攻撃に関しても、実はアメリカは奇襲されることを知っていたという歴史的事実があるそうで、そのファクトも提示されており、どれだけ私たちが受けてきた歴史教育が操作されているのか、国際的にも印象操作をされているのかということに気づかされて改めて戦争に関しての勉強をすすめなければならないとおもいました。

 

この本の著者は外人ではありますが、本当にアメリカ側、日本側の立場から物事を見た上で客観的に判断しているように思います。

アメリカ人であるにもかかわらず、日本人はもっと日本に愛国心を持つべきだとか、もっと誇りをもっていい、自信をもって、とエールを送ってくれていて、「GHQの洗脳」から醒めるきっかけをくれています。

 

この本を読んだことで、今の政治家たちで本当に日本のためになるようなバランス感覚を持っている人は誰なのかと見極める必要があることを感じました。

左翼寄りの政党、右翼よりの政党はありますが、どちらかに傾倒していては日本が日本らしくどこかの国に頼りっぱなしで情けない存在から抜けられないと感じました。

 

よく何事もバランスが必要だとか、中庸が唱えられていますが、それこそ日本の政治家はいわゆる「右」に傾くべき場所、そしていわゆる「左」の姿勢をとるべき場所をしっかり見極めて中庸にある状態で日本を引っ張っていくことが求められているように感じます。

 

この文章だけではすべては伝えきれないので、たくさんの人に是非一度この本を読んでいただきたいです。


2000人以上が手に取った「次世代型読書法の教科書」が無料で読めます


僕は1冊の本が10分以内に読めます。

それでもって本の内容をほとんど記憶できます。

でも、才能があったわけでも、環境がよかったわけでもありません。

もともと「偏差値40」と右往左往していたし、
大学受験も失敗して浪人しました。

そんな僕でも読書と向き合ってから、
人生をガラリと変えることができました。

読書を通して、

・お金を運用する方法を学んで不労所得を作ったり
・起業を学んで自分でビジネスを立ち上げてみたり
・たくさんの経営者と一緒に仕事をするようになったり
・医学を学んで健康でいられる身体をつくったり
・語学を学んで3ヶ国語話せるようになったり
・心理学を学んで精神が安定するようになったり
・教育を学んで受験生に勉強を教えたり

学校では学べないことをたくさん知りました。

そんな経験から、才能とか環境とか地頭とか度外視して
正しく読書を学べば、生まれ変われると確信しています。

正しい読書の仕方をできる人が少しでも増えれば
人生をもっと楽しめる人が増えるのでは。

そんな気持ちから「読書の魅力」を
少しでも届けるべく本にまとめました。

・読書を始めるきっかけに、
・本当の人生を歩むためのきっかけに
・勉強の仕事の育児のきっかけに

10分程度でぱぱっと読める内容なので
興味があればぜひ手に取ってみてください。

>>電子書籍「次世代読書法の教科書」を読む

最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立った!と思われたら、
シェアしていただけると運営の励みになります。

シェアしていただけると運営の励みになります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です