響けユーフォニアム(武田綾乃)の感想:テレビアニメ化された吹奏楽部の青春ドラマ

 

今日紹介する本は「響けユーフォニアム」:(武田綾乃)。

地元愛溢れる作者の思いから生まれた吹奏楽部の青春ドラマ。

響け!吹奏楽部 北宇治高校にようこそ

 

2013年12月に宝島社文庫から出版された青春ドラマ小説です。

著者は武田綾乃です。

武田綾乃はこの本を書いたときは若干21歳の大学生で、新進気鋭の小説家。

本人は小中学校で吹奏楽をやっていたそうでその経験を踏まえて小説にしているようです。

また、著作は高校生を題材としていて、自分の年齢に近い年代で自分の経験してきた事などを新鮮な内に書き記しているような気がします。

 

吹奏楽では弱小の北宇治高校吹奏楽部が新しい顧問と共に全国大会を目指して数々の苦難を乗り越えていく物語です。

でも、根性ものではありません。

今時の高校生がごく普通に悩み、苦しんでいることをそのまま普通に物語にしています。

でも、そこがおもしろいのです。

生活の中で、あの子何考えて居るのだろう?と思う事がありますよね。

でも、その時自分の思考の中で考えてしまい、なかなか本当の事に辿り着きません。

この物語は生徒一人一人思いが微妙に違っていて、その違いに少しずつ気付きながら自分の思考を広め、深めていく中で大人への階段を一歩一歩登っていく姿を描いているのだと思います。

集団の中で生活していくためにとても大切な成長なのではないでしょうか。

 

主人公は高校1年生の黄前久美子(おおまえ くみこ)という、自分の意志を出すことを苦手としているどこにでもいるような少女です。

久美子はユーフォニアムというあまりメジャーでない楽器を担当しています。

そして、久美子の同級生で友達の高坂麗奈(こうさか れいな)は久美子と違って強い意志を持った少女で、トランペットを担当しています。

麗奈のトランペットの演奏技術は非常に高く、1年生でありながらソロを任される実力を持っています。

この相反するような性格を持つ久美子と麗奈がお互いに惹かれ合い、助け合っていく姿には必然性と意外性の両方を感じざるを得ません

高校の吹奏楽部員は楽器演奏に長い経験を持つ者、高校に入って初めて楽器を持つ者など初心者から上級者まで色々です。

特に女子の多い吹奏楽部では妬みや嫉妬が渦巻く事は珍しい事ではありません。

しかし、そこを上手く調整していく人が集団には必要です。

 

北宇治高校吹奏楽部の中では2年生の中川夏紀がその役割を果たしているのではないでしょうか。

彼女は高校から楽器を初めて、1年生の時はおさぼりグループの1人で全くの実力不足でした。

しかし、彼女は人の心を丁寧に読み取る能力に長けています。

夏紀はコンクールメンバーから外れてしまい、普通ならふて腐れたり部に協力的でなくなったりするのでしょうが、吹奏楽部を支えていく役割を中心的に果たし、各学年のつなぎ役のような動きを自然としていきます。

久美子と夏紀は同じ楽器(ユーフォニアム)を担当しているのですが、コンクールメンバーから外れた夏紀に対し、久美子は1年生でメンバーに選出されました。

その後、夏紀に呼び出された久美子は「何を言われるのだろうか…」とどれだけ憂鬱だった事でしょう。

しかし、夏紀がとった言動には感動させられました。

そこで夏紀ってこういう子なのだと理解し、心地よく次を読み進める事ができました。

他にも夏紀の部員達への気遣いは随所に感じる事ができます。

夏紀は特に久美子を初めとする1年生には無くてはならない人物なのではないでしょうか。

 

どの部活動もそうでしょうが、沢山の部員の中からのメンバー選びには大変苦労します。

一生懸命練習してきたが、実力が伴っていない3年生、でも最後の大会なので出してあげたい、この思いは顧問も部員も同じでしょう。

しかし、勝つためには実力主義で行くしかありません。

でも、そこには何か割り切れないものがあります。

 

この物語の中でもその割り切れない思いを、葛藤しながら乗り越えていく高校生が描かれていきます

吹奏楽コンクールでは参加できる生徒は55人と決まっています。

北宇治高校吹奏楽部の部員は81名、10人は初心者なので、経験者でも16名はメンバーから外れます。

その16人の中には2年生3年生もいます。

しかも、顧問はトランペットソロを1年生の高坂麗奈を選びます。

トランペットには高い技術を持ち、部員からの信頼も厚い3年生の先輩がいます。

 

その先輩が選ばれなかった事に様々な憶測が入り混じり部内が混沌としてくる訳ですが、問題はどちらがソロにという簡単な事ではなく、心の奥底に秘められた感情にも至り、より複雑なそれぞれの心の動きが描かれ、物事を全て白と黒で判断していく事の矛盾を感じざるを得ませんでした。高校生の純真な心の中を少し覗いたような気がしました。

 

この物語の舞台は京都の宇治が中心です。

 

物語の中には、京阪宇治駅、宇治橋、平等院通り、朝霧橋、源氏物語のモニュメント、宇治上神社、あがた祭り大吉山等多くの地名が出てきますが、それは全てが実際にある場所です。

そこに置かれていたりする物が細かく描写されているところがあるのですが、それも実際にあるものです。

これは、宇治が作者である武田綾乃さんの地元で、自分が生まれ育った街を大切にしたい、作品の中で宇治の町並みを残していきたいという思いからだそうです。

 

もう一度高校生だったあの頃を思い出したい方には手に取ってほしい1冊。


2000人以上が手に取った「次世代型読書法の教科書」が無料で読めます


僕は1冊の本が10分以内に読めます。

それでもって本の内容をほとんど記憶できます。

でも、才能があったわけでも、環境がよかったわけでもありません。

もともと「偏差値40」と右往左往していたし、
大学受験も失敗して浪人しました。

そんな僕でも読書と向き合ってから、
人生をガラリと変えることができました。

読書を通して、

・お金を運用する方法を学んで不労所得を作ったり
・起業を学んで自分でビジネスを立ち上げてみたり
・たくさんの経営者と一緒に仕事をするようになったり
・医学を学んで健康でいられる身体をつくったり
・語学を学んで3ヶ国語話せるようになったり
・心理学を学んで精神が安定するようになったり
・教育を学んで受験生に勉強を教えたり

学校では学べないことをたくさん知りました。

そんな経験から、才能とか環境とか地頭とか度外視して
正しく読書を学べば、生まれ変われると確信しています。

正しい読書の仕方をできる人が少しでも増えれば
人生をもっと楽しめる人が増えるのでは。

そんな気持ちから「読書の魅力」を
少しでも届けるべく本にまとめました。

・読書を始めるきっかけに、
・本当の人生を歩むためのきっかけに
・勉強の仕事の育児のきっかけに

10分程度でぱぱっと読める内容なので
興味があればぜひ手に取ってみてください。

>>電子書籍「次世代読書法の教科書」を読む

最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立った!と思われたら、
シェアしていただけると運営の励みになります。

シェアしていただけると運営の励みになります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です