やる気をキープしながら最短最速で結果を出す勉強法

 

初心者コーナー:オリジナルは捨てるべき

 

僕は何かをするとき

「その道のプロをストーカーするようにマネしろ」

と自分に何度も言い聞かせてますし、
誰かにアドバイスをするときもそう言ってます。

 

なぜなのか?

 

それはマネをすることが一番確実で結果が保証されていて
それもって最短距離を突っ走れるからです。

勉強もビジネスも仕事も恋愛も
オリジナルでやる必要は1ミリもありません。

むしろオリジナルでやると大抵失敗します。

勉強だってそうです。

 

一から、

木は英語でなんて言うんだろう?
わからないから自分でアメリカに行って現地の人に聞いてこよう!

とはなりません。

 

すでに英語を習得している身近な人に聞けば
10秒で欲しい情報が手に入ります。

例え話をするとオリジナルでするですることが
どれだけ遠回りなことなのかわかるのですが、
勉強になると途端に盲目になります。

 

 

さ、TOEIC(英語の試験)の勉強をしよう
どういう勉強法が一番効率いいんだろう?

どんな参考書がオススメなのかな?

ネットで調べて、本屋に調べてみよう!

 

−数日後−

 

この参考書は自分に合わなかったかも

まだ単語力が足りてない気がするから
まずは単語から暗記しよう

 

−また数日後−

 

英語力が本当についているからわからない・・・

本当にこのやり方で点数は伸びるのだろうか
やっぱり英語のセンスがないんだろうなぁ

 

 

こんなことがザラにあるわけです。

もし最初からその道のプロをストーカーして
やり方を真似して体験をなぞっていけば、

すでに何人もの人が結果を出した確実な方法で、
自分で調べる時間をすべて勉強時間に使えてかつ
最短距離で安心感を持って全力で取り組めるのです。

 

その道のプロのマネをするだけで、
これだけの差がでるのです。

 

芸術とは話が違うので、
オリジナルなんて求められてないのです。

だから結果を出したければ、
愚直なまでにマネが大事なのです。

 

僕は読書で人生を変えてやると決断したときに
何人かの尊敬できる人をストーカーレベルで
追い続けてマネし続けました。

その人のSNSも本もブログも全部読みました。

 

周りはアルバイトがなんとかとか、資格がなんだとか、
投資がなんだとか言ってましたが全部無視。

大量の本が読めるようになって
まずは自分の脳みそを鍛える。

 

その道のプロをストーカーして
これだけをバカの1つ覚えのようにやってました。

そして気づいたら今の位置にいました。

 

気づいたら本が1冊5分くらいで読めるようになっていたし、
見たものが大体記憶できるようになっていたし、
1日に何十冊も読めるようになっていました。

そしてその知識を使って、
社長になっていろんな経営者と仕事をするようになっていたし、
投資家としていろんな事業を応援できるようになっていたし、
僕のところに人が集まるようになっていました。

 

しかもここで重要なのが

「たった1年も経たないうちに」

ということです。

 

その道のプロをストーカーすることで
安全に確実に最短ルートを進むことができたのです。

 

もともと頭を鍛えるまでは、
読書がしっかりとできるようになる前は、

偏差値40くらいで友達もいないし、
自分に自信もなかったのですが。笑

 

速読を極めて、脳みそを鍛えているので
知識があって誰とでも会話を弾ませることができるし、
なんならアドバイスや提案などもできるようになったので

いろんな人に必要とされるようになったようです。
(自分でいうのもアレですが)

 

ただ、最初はとにかく読書ができるようになりたいと
その道のプロをストーカーしただけですが。

 

結論:オリジナルは捨ててその道のプロをストーカーしよう

 

勉強法にオリジナルは必要ありません。

その道のプロをとにかくストーカーして、
愚直にマネをしていたら勝手にそのステージまで上がれます。

 

特に自分と同じスタート地点から
その道のプロになった人だとマネしやすいですね。

同じ道を辿っていけばいいですから。

 

なので勉強が嫌いで活字アレルギー、
なんて人がいたら僕をストーカーしてください。

 

おそらくこれ以上ないくらいの近道で
読書のプロになって専門知識を身につけて、
人生180度変えることができます。

 

芸術作品やアートとは違うので
人のマネをしてどんどん近道を進んで

確実で安定していて結果が保証されている

そんな道を歩いていきましょう。

 


2000人以上が手に取った「次世代型読書法の教科書」が無料で読めます


僕は1冊の本が10分以内に読めます。

それでもって本の内容をほとんど記憶できます。

でも、才能があったわけでも、環境がよかったわけでもありません。

もともと「偏差値40」と右往左往していたし、
大学受験も失敗して浪人しました。

そんな僕でも読書と向き合ってから、
人生をガラリと変えることができました。

読書を通して、

・お金を運用する方法を学んで不労所得を作ったり
・起業を学んで自分でビジネスを立ち上げてみたり
・たくさんの経営者と一緒に仕事をするようになったり
・医学を学んで健康でいられる身体をつくったり
・語学を学んで3ヶ国語話せるようになったり
・心理学を学んで精神が安定するようになったり
・教育を学んで受験生に勉強を教えたり

学校では学べないことをたくさん知りました。

そんな経験から、才能とか環境とか地頭とか度外視して
正しく読書を学べば、生まれ変われると確信しています。

正しい読書の仕方をできる人が少しでも増えれば
人生をもっと楽しめる人が増えるのでは。

そんな気持ちから「読書の魅力」を
少しでも届けるべく本にまとめました。

・読書を始めるきっかけに、
・本当の人生を歩むためのきっかけに
・勉強の仕事の育児のきっかけに

10分程度でぱぱっと読める内容なので
興味があればぜひ手に取ってみてください。

>>電子書籍「次世代読書法の教科書」を読む

最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立った!と思われたら、
シェアしていただけると運営の励みになります。

シェアしていただけると運営の励みになります

1 個のコメント

  • ストーカーと言っても誰も知らないし、何から始めたらいいのでしょうか。
    誰の真似をしたらいいのかわかりません。
    速読も暗記もしたいし、所得も必要です。
    何故なら私は生活保護を受けているグレーゾーンのアスペルガーのシングルマザーだからです。
    真剣です。
    ご指導お願いします❗

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です